大阪観光旅行 夫婦でゆったり楽しむ2泊3日のモデルプラン

大阪新世界 旅行

2泊3日で”食いだおれ”の街・大阪に行ってきました。ユニバーサルスタジオジャパンがメインの旅行だったのですが、人気の観光スポットやご当地グルメの食べ歩きなど盛りだくさんの旅となりました。今回は夫婦でゆったり過ごした2泊3日の旅行プランを中心に、旅先で見つけた楽しいスポットや見どころなどをお届けします。

スポンサーリンク

大阪観光旅行2泊3日のモデルプラン

JAL飛行機
私たち夫婦が実際に立てた大阪観光旅行2泊3日のモデルプランをご紹介します。ホテルと航空券は、阪急交通社トラピックスの「新世界食べ歩きパス付 ホテル阪急レスパイア 大阪3日間」というパッケージツアーを利用しました。ホテル宿泊と往復航空券がセットになったフリープランです。

▼関連記事▼
大阪観光旅行 2泊3日宿泊体験記 ニューオープンホテル2019

久しぶりの大阪だったので行きたい場所はたくさんあったのですが、時間が限られているので、まずお互いに大阪でやりたいことをピックアップして、旅行プランを立てることにしました。

歴史好きな夫は百舌古墳群を見ること、私は日本一高いビル・あべのハルカスに行くこと、そして、夫婦二人共通してやりたいことが、ユニバーサルスタジオジャパンで遊ぶことでした。

そこで、1日目は百舌古墳群、2日目はユニバーサルスタジオジャパン、3日目はあべのハルカスと行きたいところをザックリと決め、あまり細かくスケジュールを立てないで行動することにしました。

【大阪観光旅行2泊3日のモデルプラン】
◆大阪旅行1日目
羽田空港⇒関西空港⇒堺市役所展望台⇒新世界・通天閣⇒ホテル宿泊
◆大阪旅行2日目
ホテル⇒USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)⇒ホテル宿泊
◆大阪旅行3日目
ホテル⇒あべのハルカス⇒道頓堀⇒ホテル(荷物受け取り)⇒伊丹空港⇒羽田空港

梅田スカイビルの空中庭園や大阪城など、行きたい場所はほかにも色々あったのですが、行き先を絞ることで時間に余裕が生まれ、ゆっくり楽しむことができたので結果的にはよかったと思っています。

それでは、大阪旅行1日目から3日目の日程をさらに詳しくお伝えしますね。

大阪旅行1日目 百舌鳥古墳群&通天閣

堺市役所展望台からの眺め
羽田空港から 12時30分発の飛行機に乗り、関西空港に到着したのが午後2時頃でした。いつもの旅行なら空港からホテルに直行するのですが、今回は百舌鳥古墳群を見学したいので、南海電鉄高野線に乗り、堺市役所展望台のある「堺東駅」へ向かいました。所要時間は乗り換え時間を含め、50分ぐらいでした。

堺市役所展望台は、百舌鳥古墳群を上から見ることができる観光スポットとして有名なのです。堺市役所展望台は、南海高野線「堺東駅」から徒歩5分ぐらい。市役所の中にある観光スポットなのに、午後9時まで見学できるのです。しかも無料なので有難い!

午後4時半頃に堺市役所展望台に到着したのですが、この日の日没時間は4時50分。運よく「夕陽スポット」としても人気のある展望台で、綺麗な夕陽を見ることができました。

その後、堺市役所展望台にあるカフェ「ミエール」で、名物の古墳焼きをいただきながらゆっくり過ごしました。美しい夕暮れを眺めていたら、いつの間にか日が暮れて、外は夜景に変わっていました。

▼関連記事▼
百舌鳥古墳群 仁徳天皇陵古墳を堺市役所展望台で上から見てきました!

続いて、堺市役所展望台からほど近い堺銀座商店街を散策した後、堺東駅に戻り、通天閣に向かいます。

南海電車に乗って、通天閣の最寄り駅・南海本線「新今宮駅」へ。新今宮駅から通天閣まで歩きます。途中、巨大なドン・キホーテや世界の大温泉・スパワールド、ジャンジャン横丁などを通っていくのですが、ちょっとディープな雰囲気の場所もあり、通天閣が見えた時にはホッとしました。

通天閣では「光の展望台」や「黄金の展望台」で大阪の夜景を堪能したり、屋外にある「通天閣庭苑」を散策したり、ご利益があるというビリケンさんの足の裏を触ったり、時間を忘れて楽しみました。

その後、新世界で夕食タイム♪ツアー特典の「新世界食べ歩きパス」を利用して、大阪名物の串カツを食べました。「ソース2度づけ禁止」というルールはしっかり守りましたよ。

「新今宮駅」からホテルの最寄り駅「大阪駅」までは、JR大阪環状線で約20分でした。「大阪駅」からホテルまでは徒歩5分、ようやくホテルに到着です。長かった~。

▼関連記事▼
通天閣 新世界コテコテ大阪「黄金の展望台」&ビリケンさん巡り

大阪旅行2日目 ユニバーサルスタジオジャパン

ユニバーサルスタジオジャパン
大阪旅行2日目は、USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)で遊びまくる日です。朝9時頃にホテルを出発し、大阪駅からUSJの最寄り駅「ユニバーサルシティ駅」へ向かいました。環状線に乗り、西九条駅で乗り換えて15分ぐらい。大阪駅からUSJまで意外に近いことがわかりました。

「ユニバーサルシティ駅」を出ると、レストランやショップが立ち並ぶ「ユニバーサルシティウォーク大阪」があります。5分ぐらい歩くと、USJのアーチが見えてきます。駆け出したくなる気持ちを抑え、USJのエントランスへ。チケットは前もって「1デイ・スタジオ・パス」をネットで購入しておいたので、列に並ばずに、直接入場ゲートからパーク内に入ることができました。

スポンサーリンク

さあ、いよいよ初めてのUSJ体験スタートです。色々なアトラクションがあり目移りしてしまいますが、最優先したいのは絶叫マシン!「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」「ザ・フライング・ダイナソー」と次々に制覇しました。

途中、「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」エリアを中心に歩き回りながら、「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」と「フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ」に乗り、夜は「ユニバーサル・スペクタクル・ナイト・パレード」を鑑賞しました。

お昼のランチはハリーポッターエリアにある「ホグズミード村のレストラン」でフィッシュ&チップス、夕食は「フィネガンズ・バー&グリル」で野菜のグリル、それから夜食(!?)に「ビバリーヒルズ・ブランジェリー」でサンドウィッチセットを食べました。

目いっぱい遊んだ後、「ユニバーサルシティウォーク大阪」やUSJの近くにあるホテル「ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」のロビーに立ち寄ったので、ホテルに着いた時は午後11時近くになっていました。時には、大人だって時間を忘れて遊びまくる時間も必要ですよね!

▼関連記事▼
USJナイトパレードの穴場でプロジェクションマッピングを見る方法

大阪旅行3日目 あべのハルカス&道頓堀

あべのハルカスから見える大阪の眺望

大阪旅行3日目、いよいよ最終日です。でも、帰りの飛行機は20時25分時発なので、時間はたっぷりあります。ホテルでチェックアウトを済ませ、夕方まで荷物を預かっていただくことにしました。

身軽になったところで、まずはホテル併設のリンクス梅田地下1階「オイシイもの横丁」へ。こちらはたくさんの飲食店が集まった屋台村のような場所で、串カツ、たこ焼き、もつ鍋など大阪らしい食べ物がいっぱいあります。

その中でもピンときたのが「たこ酒場 くれおーる」!店構えもメニューもすべてタコ、タコ、タコのタコ料理専門店なんです。大阪名物のたこ焼きやたこピザなどをいただきましたが、タコの味を活かしたメニューはどれも美味しかったです。

▼関連記事▼
道頓堀と新世界で食べ歩き これぞ大阪!2泊3日観光旅行体験記

お腹がいっぱいになったら、本日のメインイベント(!?)あべのハルカスへ出発。地下鉄御堂筋線「大阪梅田駅」から、あべのハルカス最寄り駅「天王寺駅」まで約16分。「天王寺駅」西改札を出て左に進むと、あべのハルカス近鉄本店の地下入口があります。

日本一高いビル地上300mの「あべのハルカス」!エレベーターで展望台「ハルカス300」に上がると、大阪市内の大パノラマが広がります。当日は天気がよかったので、明石海峡大橋も見えました。

「ハルカス300」には屋外フロアと屋内フロアがあり、レストランやお土産屋さんもあります。また、屋上にあるヘリポートを見学するツアーや、断崖絶壁スリル体験アトラクション「EDGE THE HARUKAS(エッジ・ザ・ハルカス)」など、特別なプログラムも用意されていますよ。

スリル満点の「エッジ・ザ・ハルカス」に興味津々だったのですが、1時間以上待つ必要があったので今回は止めておきました。でも、日本一高いビルの屋上を命綱1本で渡りきるなんて無謀すぎる!?止めて正解だったかもしれませんね。

あべのハルカスのソフトクリーム

「ハルカス300」にある「SKY GARDEN 300(スカイガーデン300)」は、カフェラウンジや屋上広場のテラス席など様々な空間で楽しめるカフェ・ダイニング・バーです。テイクアウトもできるので気軽に利用できますよ。私は、あべのハルカス限定販売の「パインアメソフトクリーム」を食べました。本物のパインアメがトッピングされているソフトクリームは、甘さ控えめでとっても美味しかったです。

▼関連記事▼
あべのハルカス展望台 ハルカス300 天空庭園でこころ晴るかす小旅行

「あべのハルカス」をゆっくり見学した後は、「これぞ大阪!」って言える観光スポット「道頓堀」へ。道頓堀川沿いには、有名なグリコの看板など巨大な看板が並んでいます。道頓堀商店街には、人気のくいだおれ太郎人形も!路地をちょっと曲がると「法善寺横丁」もあります。情緒あふれる静かな場所は、同じ大阪の繁華街にあるなんて思えません。大阪ミナミの喧騒と浪速情緒がミックスした道頓堀は、大阪ならではの魅力がたっぷり詰まったびっくり箱!まさに大阪観光のシメにふさわしい楽しさ溢れる素敵な場所でした。

最後は、ホテルに戻って預けていた荷物を受け取り、リムジンバスで伊丹空港へ向かいます。飛行機の出発時間まで少し余裕があったので、空港ビル3階にある「清十郎」で本場大阪のお好み焼きや焼きそばを食べました。

そして20時25分発の飛行機で伊丹空港を出発し、羽田空港に到着したのが 午後9時半。2泊3日の楽しい旅はついに終わりを迎え、リムジンに乗って帰宅しました。

まとめ

「大阪観光旅行2泊3日のモデルプラン」いかがでしたか?堺市役所展望ロビーから見た百舌古墳群、通天閣の夜景や道頓堀のグリコサイン、そしてユニバーサルスタジオジャパンの絶叫マシンなど、「これぞ大阪!」という観光名所から最新の人気スポットまで、行く先を絞った割には、大阪の色々な魅力を堪能することができたと思っています。観光名所をくまなく巡る”欲張りプラン”も好きですが、的を絞った”ゆったりプラン”もなかなかいいですよ。この記事が少しでも大阪旅行のご参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました