三溪園の桜のライトアップ 2022 横浜の桜の名所を訪ねる小旅行

三渓園 桜のライトアップ おでかけ

お花見シーズンに、横浜の桜の名所「三溪園」を訪ねる小旅行はいかがでしょうか。2022年は3年ぶりにライトアップも復活し、幻想的な夜桜を楽しむことができます。桜の見頃は例年3月下旬~4月上旬頃。静かな庭園の情緒溢れるお花見は、賑やかな定番スポットとはひと味違う魅力があります。今回は、三渓園のライトアップとお花見の見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

三溪園 桜のライトアップ

三渓園の桜
三渓園(さんけいえん)は横浜の桜の名所の1つで、お花見シーズンには、約250本の桜を満喫するイベント『桜めぐり』が開催されます。今年は3年ぶりにライトアップも行われ、艶やかな夜桜を楽しむことができます。美しい日本庭園と宵闇に浮かびあがる桜の花はまさに絶景!昼間とはひと味違う幻想的な世界に魅了されます。

三渓園 三重塔と夜桜

三溪園の小高い丘の上に建つ三重塔と幻想的な夜桜の光景は、日本ならではの情緒あふれる美の競演です。

三溪園 ライトアップの詳細
期間:2022年3月25日(金)~4月5日(火)
開園時間:18時30分〜21時(入園は20:30まで)
※ライトアップは日没前の18時30分頃から
料金:無料(入園料別途)
観覧範囲:外苑の大池周辺
※夜間(17:00以降)は内苑および外苑の奥と三重塔への山道は立入禁止

三渓園 三重塔

三渓園の小高い丘に建つ三重塔は室町時代に建てられた歴史的建造物で、大正時代に京都の燈明寺から移築されました。園内に点在する建物の中で最も古く、移築される際は、臨春閣や聴秋閣の室内から三重塔が美しく眺められるように配置されたのだそうです。

三渓園 臨春閣
三渓園 臨春閣(りんしゅんかく)

スポンサーリンク

三渓園 聴秋閣
三渓園 聴秋閣(ちょうしゅうかく)

遠くからでもよく見える三重塔と外苑の大池周辺に咲き誇るソメイヨシノの競演はまさに圧巻!約250本の桜が彩る日本庭園はまるで別世界にいるようです。

三渓園の池

三溪園の敷地は何と東京ドーム4個分の広さ!お花見シーズンには、ソメイヨシノをはじめ、ヤマザクラ、オオシマザクラ、シダレザクラなどを観賞することができます。

情緒あふれる庭園は、都会にあるとは思えない静かな空間。日本文化の美しさを再発見できる貴重な場所です。

三渓園の基本情報

三溪園
住所:神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
電話:045-621-0634
公式サイト:www.sankeien.or.jp
アクセス:
JR『横浜』駅(東口)よりバス 『三溪園入口』下車 徒歩5分
入園料:大人700円、小学生・中学生200円
営業時間:9時00分~17時00分
(入園は閉園の30分前まで)
休園日:12月29〜31日

三渓園周辺の観光スポット【楽天旅ノート】

最後に

三渓園のお花見は賑やかな定番スポットとはひと味違う魅力があります。今年は3年ぶりにライトアップも行われ、美しい夜桜を観賞することができます。ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました