新潟バスツアー旅行記➂ ホテル「ニューグリーンピア津南」とつるし雛

ニューグランピア津南のつるし雛 旅行

【新潟バスツアー旅行記その3】ランタン打ち上げ体験ツアーで宿泊したホテル「ニューグリーンピア津南」は「つなん雪まつり」の会場として有名で、シーズン中はランタンイベントが毎日開催されています。冬の夜空に舞い上がる幻想的な灯りはまるでラプンツェルの世界そのもので、寒さを忘れるほど感動的です。また、越後三大つるし雛の1つとして多くの観光客が訪れる人気スポットです。今回はホテルの客室やかに食べ放題の食事などをご紹介します。

スポンサーリンク

▼関連記事▼
新潟バスツアー旅行記 津南ランタン打ち上げ体験と清津峡

新潟バスツアー旅行記 ホテル「ニューグリーンピア津南」

ホテルニュー・グリーンピア津南の雪景色

新潟のニューグリーンピア津南は「つなん雪まつり」の会場として有名なリゾートホテルで、その広大な面積は何と115万坪(37.9k㎡)!敷地内ではランタン打ち上げ体験をはじめ、プライベートゲレンデで滑るスキーなど様々なアクティビティを楽しむことができます。客室総数は146室、洋室(23室)、和室(115室)、和洋室(5室)、その他(3室)です。

ニューグランピア津南のロビー

私たちが宿泊したのは 10畳の和室で、窓の外には広大な雪景色が広がり、雪国に来たんだなあと実感します。

ニューグランピア津南の客室

「Wi-Fi」はホテル館内の客室と 2~6階のロビーで利用することができるので便利です。

ニューグランピア津南のロビー

ニューグリーンピア津南は温泉施設も充実!東館7階の開放的な大浴場には展望露天風呂もあるので、ゆっくり温まって旅の疲れを癒すことができますよ。本格サウナで、思いっきり汗をかくのもおすすめです。

ニューグランピア津南の男湯

ニューグランピア津南のお風呂

ホテルの売店には魚沼産コシヒカリ、にんじんジュース、地酒など、新潟ならではの特産品がたくさん並んでいます。お土産コーナーで地元のお菓子や民芸品を見て回るのも旅のお楽しみの1つですよね。

ニューグリーンピア津南の客室

ニューグランピア津南の客室

私たちが宿泊した部屋はニューグリーンピア津南本館にある10畳の和室です。部屋に入るとすでに布団が敷いてあり、いつでもゴロンと横になれます。

ニューグランピア津南の寝具

布団で寝るのは久しぶりだったので、子どもの頃を思い出して懐かしくなりました。

ホテル・ニューグランピア津南の客室

日本ならではの畳や座椅子は、海外からの旅行者にも喜ばれそうですね。

ニューグランピア津南の客室

客室にあるテレビ、鏡台、金庫、ティファールの電気ケトル、ドライヤー。各部屋に加湿空気清浄機(シャープ プラズマクラスター)があるのも嬉しいポイントです。

ニューグランピア津南のバスルーム

ちょっとレトロなバス&トイレ(ウォシュレット付き)。歯ブラシ、バスタオル、フェイスタオルが用意されています。

ニューグランピア津南の浴衣

浴衣も部屋の中に置いてあります。

ニューグランピア津南の茶器

思わずほっこりする茶器セット♪

ニューグランピア津南の冷蔵庫

冷蔵庫に入っている津南の名水は飲み放題!日本ならではの贅沢ですね。美味しい水を無料で提供してもらえるなんて海外ではありえないので、日本っていいなあとつくづく思います。

カニ食べ放題のバイキング

レストラン アポロン

ランタン打ち上げ体験の新潟バスツアーは、カニ食べ放題の食事も付いています。夕食と朝食は8階にある展望レストラン「アポロン」でいただきます。夜は暗くて外の様子は見えませんでしたが、翌朝は津南高原の美しい雪景色を眺めながら、美味しい食事をいただくことができました。

食事はバイキング形式で、メインメニューは食べ放題のカニ!そのほかにも、魚沼産コシヒカリの美味しいご飯や津南の名水を使った「苗場そば」など、食べきれないくらいの料理が並んでいました。

ニューグランピア津南のレストラン

新鮮な野菜はきっと地元で採れたものでしょう。

ニューグランピア津南のレストラン

イチゴのショートケーキやチョコレートケーキなど、デザートも充実しているので、ついつい食べ過ぎてしまいます。

スポンサーリンク

イチゴのショートケーキ

デザートはどれもひと口サイズなのが嬉しい!いろいろ食べたいスイーツ好きにはたまりません。

ニューグランピア津南のレストラン

ホテル特製いちごの冷製スープは一番のお気に入り♪甘酸っぱくてとても美味しかったです。

ホテル特製いちごの冷製スープ

チョコレートファウンテンやアイスクリームも、行列ができるくらい人気でしたよ。

チョコレートファウンテン

食べ放題のカニもたっぷり用意されていました。口うるさい夫は「少し水っぽい」と言っておりましたが、カニ専門のお店ではないのだから、そこまで期待するのは酷というもの。そう言いながら、何回もお替りする夫にあきれてしまいました。

食べ放題のカニ

バスツアーに参加してよく感じるのが、価格が安いのにも関わらず、充実した食事プランを提供してくださっているなということです。今回も種類豊富なバイキング料理を心ゆくまで堪能させていただきました。これからも、お得で楽しいバスツアーに参加して、日本各地のホテル巡りをしたいなと思っています♪

>>ニュー・グリーンピア津南(楽天トラベル)

ニューグリーンピア津南でランタン打ち上げ

ホテル・ニューグランピア津南のロビー

ニューグランピア津南は、ホテルのすぐ裏がスキー場で、ゲレンデがランタン打ち上げの会場です。ランタン打ち上げは、シーズン中なら毎日開催されていますよ。願い事を書いたランタンを夜空に飛ばす体験は本当に感動的です。ぜひ多くの方に体験していただきたいなと思います。

津南ランタン祭り

幻想的で美しいランタンの灯りは、まるで映画ラプンツェルに出てくるような夢のある世界でした。ランタン打ち上げ体験の様子を別記事で書いています。よろしかったら、合わせてご覧くださいね。

▼関連記事▼
新潟バスツアー旅行記 つなん雪まつりの幻想的なランタンはラプンツェルの世界!

ニューグリーンピア津南の越後三大つるし雛

ニューグランピア津南

ニューグリーンピア津南は越後三大つるし雛の1つとして有名な人気スポットで、ホテルのロビーに飾られている「幸せを呼ぶつるし雛・鶴の恩返し」は圧巻です。鶴をメインに飾られた人形は何と3,039個もあるそうです。

中央の柱に黒地に白い鶴が描かれた美しい布が巻かれ、その周りを取り囲むように、色鮮やかなつるし雛が二重の塔のように吊り下げられています。

ニューグリーンピア津南のエントランスホールは「越後三大つるし雛」を最初に展示した舞台で、「幸せを呼ぶつるし雛・鶴の恩返し」を見学するために訪れる観光客も多いそうです。
ニューグランピア津南のつるし雛

「幸せを呼ぶつるし雛・鶴の恩返し」には平和や長寿を意味する「鶴」や色とりどりの縁起物が吊るされ、華やかな美しさに圧倒されます。

ニューグランピア津南のつるし雛

うさぎ、馬、梅の花、そして赤ちゃん・・・。綺麗な布で1つ1つ手作りされたつるし雛の何という愛らしさ!

ニューグランピア津南のつるし雛

つるし雛は、高価な雛人形の代わりに、端切れ布を縫い合わせて手作りしたという江戸時代からの風習が始まりなんだとか。女の子の健やかな成長を願って作り続けられてきた庶民の雛人形は日本の宝物ですね。

ニューグランピア津南のつるし雛

越後三大つるし雛は、日本つるし雛協会理事長・北野晟(きたの・あきら)氏から寄贈 されたもので、「幸せを呼ぶつるし雛・鶴の恩返し」のほかに、十日町地域地場産業振興センター クロステンの「幸せを呼ぶ傘つるし雛」と、越織(EORI)の「幸せを呼ぶつるし雛 雪うさぎの旅立ち」があるそうです。

グリーンピア津南の吊るしびな

雪国越後三大つるし雛の1つが見学できるホテル・ニューグランピア津南!日本の伝統が息づくつるし雛の魅力が、日本はもとより世界中に届くといいですね。

↓雪国越後三大つるし雛の詳細はこちらをご覧ください。
http://kyoto-kyoyu.jp/pg07.html

ニューグリーンピア津南の基本情報

ニューグランピア津南

ニューグリーンピア津南
住所:新潟県中魚沼郡津南町秋成12300番地
電話:025-765-4611
公式サイト:https://new-greenpia.com/

>> 津南周辺の観光スポット情報【楽天たびノート】

まとめ

ランタン打ち上げ体験のバスツアーで宿泊したニューグリーンピア津南では、思いがけず「越後三大つるし雛」の1つに出会うことができました。ランタン打ち上げとつるし雛が一度に楽しめる素敵なホテルは、ゲレンデが目の前にあるので、ウィンタースポーツも満喫できますよ。新潟へ遊びにお出かけになる際には、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました