VRで世界旅行の疑似体験 ファーストエアラインズ池袋国際空港

ファーストクラスの座席シート おでかけ

一度は乗ってみたい憧れのファーストクラス!一生ムリだと思っていたのですが、ついにその夢が実現しました。搭乗場所は池袋国際空港!「えっ、そんな空港あったっけ?」と思われますよね?実は本物の飛行機ではなく、ファーストクラス体験ができる場所に行ってきたんです。VRの疑似体験とは言え、本格的なおもてなしを受けることができますよ。

スポンサーリンク

VRで世界旅行の疑似体験

ファーストクラスのリクライニング
VRで世界旅行の疑似体験を楽しめるユニークな場所が、ファーストエアラインズ(FIRST AIRLINES)池袋国際空港です。空港という名前が付いていますが、もちろん架空の飛行場です。でも、航空機内を再現した室内設備で本物の航空体験ができるので侮れません。

ファーストエアラインズ(FIRST AIRLINES)は、地上にいながら世界旅行体験ができる世界初のバーチャル航空施設なんです。ファーストエアラインズ池袋国際空港からのフライト時間は約120分、上空8000メートルの世界を疑似体験できます。

ファーストクラスに乗って、ニューヨーク、パリ、ローマ・ハワイなど、世界各国の人気観光スポットを一挙に訪ねる夢の旅!美味しい機内食をいただきながら、VRの世界に浸っていると、本当に海外旅行をしているような気分です。

ファーストエアラインズの座席は、エアバス 310 340のファーストクラスで利用されていた最高級のシートです。座り心地は最高で、やはりエコノミークラスとは断然違います。これなら長時間のフライトでも疲れないでしょうね。

キャビンアテンダントさんは、エアラインを目指すために訓練を積んだ将来のクルー候補生だそうです。初々しいながらも「本物」ならではの臨場感あふれるおもてなしが嬉しい!機内アナウンスや機内食など実際と全く変わらないサービスを受けていると、どんどん気持ちが高揚し、心はもう本物の海外旅行気分です♪

ファーストエアラインズ池袋国際空港

パークハイムウエストビル

ファーストエアラインズ池袋国際空港は池袋駅西口から徒歩5分、雑居ビルの一室にあります。池袋駅C3出口から立教通りをまっすぐ歩き、2つ目の交差点・豊島税務署入口交差点を左に曲がって一つ奥の「パークハイムウエストビル」8階にあります。

搭乗手続きは開始時間の15分前からできますが、私たちは早めに着いたので、近くの豊島区立西池袋公園を散策しました。静かで落ち着いた雰囲気の公園で、時間調整にぴったりの場所でした。

池袋西口公園

ファーストエアラインズはビルの一室にあるので、ちょっと戸惑いました。ファーストクラスの雰囲気とはちょっと違うような・・・。でも、あまり気にしないで、世界一周旅行を思いっきり楽しむことにしましょう。

それでは、エレベーターで8階まで上がり、ファーストエアラインズ池袋国際空港へ出発!あっという間に、ファーストエアラインズ池袋国際空港に到着しました。ビルの一室に飛行機の機内がそのまま再現されていて、一気にテンションが上がります!

HIS世界一周旅行説明会

ファーストエアラインのマーク
ファーストクラス体験にはファーストクラスとビジネスクラスの2種類あり、私たちはHISのホームページから「体感型世界一周旅行説明会」のファーストクラスシートを予約しました。料金は大人1名 4,000円です。ちなみに、ビジネスクラスシートは1名 3,500円、参加人数は先着12名、ファーストクラスが8名、ビジネスクラスが4名となっています。ファーストクラスとビジネスクラスは座席が違うだけで、サービス内容はどちらも同じです。

HIS「体感型世界一周旅行説明会」でファーストクラス体験を予約すると、ファーストエアラインズで直接申し込むよりお得です。ただし、ファーストクラス体験の後に世界一周旅行の説明会があります。世界一周航空券の基本的なルールやモデルルートの紹介など、興味深いお話が聞けるので勉強になりますよ。

ファーストクラス体験は事前予約のみ。予約をしないと搭乗できません。また、予約した日時を変更することはできますが、キャンセルはできないのでご注意くださいね。予約の日時変更は予約日の7日前までならOKです。

ファーストエアラインの旅程

HIS「体感型世界一周旅行説明会」で予約したファーストエアラインの旅は、12:45~13:00 搭乗手続き、13:00~離陸、15:10~15:15 着陸 というスケジュールでした。

【ファーストエアラインの旅程】
1.出発準備・航空予約
2.池袋国際空港集合・搭乗手続き
3.アナウンス・離陸体験
4.VR360度動画による世界一周疑似体験
5.到着
6.世界一周をモチーフにした ”機内食””体験
7.世界一周旅行説明会
8.解散

現地に到着したらエレベーターで8階まで上がり、ファーストエアライン池袋国際空港の入口へ。開園時間の前に到着した場合は、待合スペースで待つこともできます。

ファーストエアラインの待合スペース

クルーの方に名前を告げて、搭乗手続きを済ませます。フライト情報を見上げれば、本物の空港ターミナルにいるみたい!

ファーストエアラインのフライト案内版

スポンサーリンク

機内にはファーストクラスとビジネスクラスの座席が並んでいます。クルーの方に案内され、指定された座席へ移動します。足元にあるスリッパに履き替え、ファーストエアラインの特製クッションを背にゆっくりくつろいでいると、まるで本物の飛行機の中にいるみたいです。

ファーストエアラインのクッション

機内アナウンスが始まり、いよいよ世界一周旅行に出発です。ゴーグルを装着し、離陸スタート!ゴーという飛行機のエンジン音も聞こえます。リアルな音を聞いていると、本当に飛行機に乗っている気分になってきました。

VR体験の説明書

映像コンテンツで体験する空の旅!異国情緒溢れる音楽を聞きながら、世界各国を飛び回ります。ニューヨーク、イタリア、フランス、ハワイ、アフリカ・・・世界の観光スポットが次々と目の前に出現し、その臨場感あふれる映像に驚きっぱなしです。

ファーストエアラインの機上説明

ゴーグルを装着して楽しむVR体験は、まるでテーマパークのアトラクションみたい!360度の大パノラマは本当にそこにいるような不思議な感覚です。旅心をそそる音の演出も見事です。VRの世界に夢中になっていると、いつのまにか120分の空の旅が終わり、続いて機内食体験の時間になっていました。

ファーストエアラインの料理

ファーストエアラインの料理は、ファーストクラスの機内食をコンセプトにしたフルコースです。一流シェフのプロデュースによる技と創造性を駆使したメニューがいただけるなんて贅沢すぎる~。機内食もファーストクラス体験の料金に含まれているのでかなりお得だと思います。

機内食のメニューは、サービスドリンク、前菜「マグロとアボカドのタルタル バジルのソース」、メインディッシュ「サーモンのロースト ケッカソース」、スープ、デザート、そして、食後の飲み物でした。

機内食のサービスドリンク

ファーストエアラインの機内食

ファーストエアラインの機内食

ファーストエアラインの機内食

ファーストエアラインの機内食

ファーストエアラインの機内食

世界一周をモチーフにした機内食はとても美味しかったです。特に「マグロとアボカドのタルタル」は忘れられない絶妙な味付け!主人は甘さ控えめのデザートが気に入ったようです。

お腹も心も満たしてくれるファーストクラス体験!ファーストクラスシート、機内食の絶品料理、テーマパークさながらのVR体験など、非日常空間で過ごすひとときは、期待にたがわずとても楽しかったです。世界一周旅行のイメージが大きく広がり、今度は本物のファーストクラスに乗ってどこかへ行きたくなりました♪

FIRST AIRLINES(ファーストエアラインズ)
VR体験型レストラン
豊島区西池袋3-31-5 パークハイムウエスト802
アクセス JR池袋駅より徒歩5分
営業時間 平日:17:30〜23:00
土日祝日:12:30〜23:00
※完全予約制
電話:03-6907-0981
メール:info@firstairlines.jp

まとめ

ファーストクラスで楽しむ世界一周旅行、いかがでしたか?VR体験やプロジェクションマッピング、そして美味しい機内食。居心地のいい空間の中で過ごす快適な空の旅!新型のVR技術を機内で体験できるチャンスは滅多にありません。日本にいながら世界一周旅行ができるファーストクラス体験に、あなたもぜひ一度お出かけになってみませんか?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました