「tupera tuperaのかおてん. 」PLAY! MUSEUMでへんてこ体験

はらぺこあおむし 立川 おでかけ

東京・立川の美術館「PLAY! MUSEUM」で「tupera tuperaのかおてん. 」が開催されています。絵本原画をはじめ、”映像や立体物を通じて自由に感じ、発見し、さまざまな「PLAY!」体験ができる美術館”ならではの企画展は、子どもから大人まで楽しめるユニークな仕掛けがいっぱいです。期間は12月29日までなのでお急ぎくださ~い。

▼▼関連記事▼▼
プレイミュージアム はらぺこあおむしとtupera tuperaのかおてん.

スポンサーリンク

tupera tuperaのかおてん.

はらぺこあおむし 立川

「tupera tuperaのかおてん.」は、絵とことばをテーマにした東京・立川にある美術館「PLAY! MUSEUM(プレイミュージアム)」のオープニング企画で、展覧会のテーマはズバリ「顔」!会場にはクリエイティブ・ユニットtupera tupera(ツペラツペラ)の絵本原画をはじめ、映像作品『かおつくリズム』、2メートルの大きな顔が並ぶ『かお10(テン)』など、顔を題材にした作品がズラリと並んでいます。

tupera tuperaのかおてん

会場入口にある「はじ目に」!クスッと笑えるtupera tupera(ツペラツペラ)ならではのネーミングです。絵とことばをテーマにした美術館「PLAY! MUSEUM」の企画展は、作品タイトル1つとっても遊び心にあふれています。

tupera tuperaのかおてん

かおって、おもしろい
みんなひとりひとり、ちがうかおをもっている
似ているひとはいても 同じかおのひとは ひとりもいない
生まれたとき もう 自分のかおは 決まっている

でも

その日の気分で かおはかわる
出会ったひとで かおはかわる
お化粧をすると かおはかわる
ひげをはやすと かおはかわる
歳をかさねると かおはかわる
どう生きるかで かおはかわる

自分のかお となりにいるひとのかお
これから出会うひとのかお よーく見てみよう

かおってやっぱり おもしろい!

「はじ目に」より引用

tupera tupera(ツペラツペラ)のいろいろな作品を見たり触ったりしながら、「顔」の面白さを再発見できる体験型の展覧会!見応えがありますよ。

「かおシール」と「かおルーペ」

tupera tuperaのかおてん.

「tupera tuperaのかおてん.」には楽しい仕掛けがいっぱい!会場入口では来場者に「かおシール」と「かおルーペ」が配られ、「かおシール」を貼って変身すれば、作品の一部になれますよ。また、丸い顔を切り抜くと虫眼鏡になる「かおルーペ」は、いろいろな顔を覗きながら顔探しができ、顔パーツはメンコとしても遊べる優れもの。展覧会がさらに楽しくなる遊び道具のプレゼントは嬉しいですね。

「かおルーペ」で顔探し♪

tupera tuperaのかおてん

天井にも顔、顔、顔!

tupera tuperaのかおてん

「かおシール」で変身したり、「かおルーペ」で顔探ししたりしながら、たくさんの顔で遊ぶ新しい展覧会は、子どもから大人まで楽しめるワンダーランド!tupera tupera(ツペラツペラ)の魅力がたっぷり詰まっています。

物の物怪「モノモノノケ」

tupera tuperaのかおてん

「モノモノノケ」コーナーには、暮らしのソコココにひそむ、物の物怪「モノモノノケ」がいっぱい!tupera tuperaと写真家「阿部高之」のジャバラ絵本「モノモノノケ」の世界が表現されています。

tupera tuperaのかおてん

tupera tuperaのかおてん

tupera tuperaのかおてんtupera tupera(ツペラツペラ)の魅力満載のユニークな展覧会は、まさに子どもから大人まで楽しめるワンダーランドです!

tupera tuperaの人気絵本の原画

「tupera tuperaのかおてん. 」の会場には、tupera tuperaの代表作『かおノート』をはじめ、『こわめっこしましょ』『あかちゃん』など、顔を題材にした絵本の原画がたくさん展示されています。自由に読める絵本コーナーもありますよ。

丸形絵本「あかちゃん」(ブロンズ新社)の原画コーナー

tupera tuperaのかおてん

スポンサーリンク

絵本「くだものさん」(学研プラス)の原画コーナー

tupera tuperaのかおてん

かおつくリズム

『かおつくリズム』は、tupera tuperaが初めて挑戦したという映像作品で、木の葉や、おもちゃ、くだものが、寄り集まって「かお」になるユニークな作品です。め、みみー、はな、くーち、あたーま・・・。不思議な歌声と壁に映し出された映像を、一緒に出かけた2歳の子どもも食い入るように見ていました。

tupera tuperaのかおてん

謎の『床田愉男』との顔遊び

謎の『床田愉男(ゆかだ・ゆかお)』と顔遊びは、床の上に置いてある大きくて黄色い丸いものに、大きなヒゲやクッションなどのパーツを自由に組み合わせて”大きな顔”を作って遊ぶコーナーです。

tupera tuperaのかおてん

見上げると、天井の鏡に「床田愉男(ゆかだ・ゆかお)」が映る仕掛け!丸の上にゴロンと寝転がると面白いですよ。

tupera tuperaのかおてん

かお10(テン)

「かお10(テン)」は、食べ物、文房具、楽器など、身の回りものをいっぱい集めて作った顔の巨大な写真!ズラリと並んだ顔には、それぞれユニークな名前が付いています。自分でも家にあるもので作ってみたくなること請け合いです。

tupera tuperaのかおてん

かおカオス

「かおカオス」は衝撃の顔ワールド!謎の大きな立体オブジェがたくさん並んでいます。子どもたちは迷路のように走り回って大はしゃぎ!シャレのようなネーミングもtupera tupera(ツペラツペラ)のセンスが光っています。

tupera tuperaのかおてん

巨大な口の中の欠けた歯は引き出しで、中にはユニークな質問が書かれたおみくじのような紙が入っています。私が引いた紙には「トイレで、紙がないことに気づいたときの顔は?」と書いてありました。

tupera tuperaのかおてん

tupera tuperaの絵本コーナー

「tupera tuperaのかおてん.」の会場には、tupera tuperaの絵本が自由に読めるコーナーもあります。「こわめっこしましょ」や「さんかくサンタ」など人気の絵本がいっぱい!「PLAY! MUSEUM」開館記念展「tupera tuperaのかおてん.」の公式ブックもありますよ。

tupera tuperaのかおてん

絵本のディスプレイもユニークで可愛い!

tupera tuperaのかおてん

tupera tupera かお展 グッズコーナー

tupera tuperaのかおてん

「tupera tuperaのかおてん.」にはオリジナルグッズもたくさん揃っています。どれにしようか迷ってしまいますね。

tupera tuperaのかおてん

「PLAY! MUSEUM」では企画展「tupera tuperaのかおてん.」のほか、常設展「エリック・カール 遊ぶための本」(2021年3月28日まで)も開催されています。また、2階には子どもたちが走り回って遊べる屋内広場「PLAY! PARK」もあります。大人も子どもも楽しめる美術館へ、ぜひ一度お出かけになってみてはいかがでしょうか。

▼▼関連記事▼▼
はらぺこあおむし展「エリック・カール 遊ぶための本」

PLAY! MUSEUMの詳細

PLAY! MUSEUM
住所:東京都立川市緑町3-1 GREEN SPRINGS W3
アクセス:JR立川駅北口・多摩モノレール立川北駅北口より徒歩約5分
電話: 042-518-9625
開館時間:10:00-18:00(入場は17:30まで)
休館日:無休(展示の入替、年末年始をのぞく)
入場料:1500円、大学生1000円、高校生800円、中・小学生500円

公式サイト:https://play2020.jp/
※詳細は公式サイトでご確認ください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました