【子連れ旅行記】グランドニッコー東京台場 3世代お正月プランと赤ちゃんサービス

グランドニッコー東京台場の外観 おでかけ

【子連れ旅行記】ホテル「グランドニッコー東京台場」に宿泊し、3世代でのんびりお正月を過ごしました。年末年始のホテルはどこも高そうと思い込んでいましたが、意外とリーズナブルなお値段だということがわかり、病みつきになりそうです。今回はホテルのお正月プランや赤ちゃん専用サービスなどをご紹介します。

スポンサーリンク

▼関連記事▼
年末年始 1泊2日ホテル宿泊体験記 グランドニッコー東京台場

グランドニッコー東京台場 お正月子連れ旅行プラン

グランドニッコー東京台場の外観

ホテル「グランドニッコー東京台場」に宿泊し、3世代でのんびり過ごすお正月プランを計画しました。メンバーは1歳の孫と息子夫婦、そして私たち夫婦の3世代。宿泊費の予算は5万円です。

今回のお正月旅行は観光がメインではなく、家族みんなでゆっくり過ごすのが目的なので、ネットで広めの部屋を探してみました。とはいえ、高級ホテルのスイートルームは高すぎるので、4つ星ホテルの中から比較的リーズナブルなスタンダードルームから選ぶことにしました。

あれこれ比較検討した結果、最終的に選んだのがホテル「グランドニッコー東京台場」のスーペリアツインです。部屋の広さは33平方メートル(畳20畳弱)、1泊(2名1室)25000円、1歳の孫は「幼児(食事無・添寝)」でOKなので無料。これなら5人で宿泊しても5万円台でおさまります。

ホテルのお正月プランは高額だと思っていたのですが、大晦日と元日を外せば意外とリーズナブルに宿泊できることがわかりました。

ちなみに、スーペリアとは、ホテルまたは客室のランクのことで、一般的に スタンダード・スーペリア・デラックス・ラグジュアリー・スイートというランク順になるそうです。・・・ということは、当初予定していたスタンダードルームよりランクが上です。

しかも、チェックインが15時、チェックアウトが12時なので、最大21時間ホテルに滞在することができます。できるだけホテルでのんびり過ごしたい赤ちゃん連れの旅行には最適です。

お正月のホテル料金をいろいろ調べたのですが、子どもの宿泊費は添い寝であれば無料の場合が多いので、今のうちに3世代で色々な高級ホテルに宿泊し、思い出をたくさん作れたらいいなと思いました。

ホテルの客室と赤ちゃんサービス

ホテル「グランドニッコー東京台場」の客室を、当日撮影した写真と合わせてご紹介します。赤ちゃん連れに嬉しい配慮もあり、快適に過ごすことができました。私たちが宿泊した部屋はスーペリアツインです。

グランドニッコー東京台場ベッドルーム

羽毛掛け布団は清潔感のあるデュベタイプ(布団兼ベッドカバー)。息子夫婦の客室も同じタイプですが、ベッドに幼児用のベッドガードを付けていただきました。

グランドニッコー東京台場の子ども用ベッドガード

幼児用のベッドガードのおかげで、子どもが転がり落ちないかと余計な心配をせずにゆっくり眠れたそうです。

グランドニッコー東京台場の子ども用ベッドガード

子ども用のアニメティ。スリッパは、よちよち歩きの赤ちゃんにはまだ少し大きすぎたようです。

グランドニッコー東京台場の子ども用アメニティ

ミッフィーちゃんのイラスト入りオムツ入れボックス。可愛いからなのか、孫が自分でオムツを捨てに行っていました。

グランドニッコー東京台場おむつ入れ

グランドニッコー東京台場の夜景

ホテル「グランドニッコー東京台場」の大きな見どころは窓から見える景色!特に夜景の美しさが忘れられません。ホテルから眺めた朝日や朝昼晩と刻々と変わる空の様子など、たっぷり楽しむことができました。

グランドニッコー東京台場から見える風景

特に車がよく見える部屋だったので車好きの孫は大喜び!窓にしがみついて見入っていました。

グランドニッコー東京台場から外を眺める子ども

刻々と変わっていく夕空と美しい夜景を眺めるひとときは、お正月の良い思い出になりました。

グランドニッコー東京台場から見える夜景

グランドニッコー東京台場の夜景

グランドニッコー東京台場の朝食

グランドニッコー東京台場の朝食プランは、洋食ブッフェと和定食の2種類で、朝食時間は洋食ブッフェが 6:30~10:00 、和定食が 7:00~10:00 でした。

私たちは7時半頃に洋食ブッフェに行ったのですが、すでに満席だったので、地下1階の宴会場・パレロワイヤルに設置された朝食会場に案内していただきました。広々とした会場だったので、子ども連れでも周りを気にすることなく落ち着いて食事をすることができました。

グランドニッコー東京台場の朝食

スポンサーリンク

赤ちゃん連れのホテル宿泊は、食事が一番の気がかりです。1歳になったばかりの孫は、ちょうど離乳食から普通食への移行期なので、大人と同じように食べることができません。朝食メニューに赤ちゃんでも食べられるものがあるかなと心配でしたが、パンや果物などが用意されていたのでひと安心。孫はパパやママと一緒に美味しそうに食べていました。

グランドニッコー東京台場の朝食

ただ、あまりにも食べ過ぎるので、途中で息子が朝食会場から連れ出し泣き出す場面も!広い会場だったので泣き声が響き渡らずホッとしました。早めの時間帯に朝食をいただいたので、あまり混んでいませんでした。

でも、私たちが会場を出る頃、どんどん混み合ってきました。朝食時間のピークは8時頃のようです。

グランドニッコー東京台場のブッフェ

朝食会場には、子ども用のエプロンなども用意されています。孫は食べこぼしが多い時期なので、いつも使っているシリコン製のスタイを使っていました。

グランドニッコー東京台場の子ども用食器

朝食の後は、みんなで代わる代わる孫を抱っこしながらホテル内を散策。広々としたホテルを歩き回ったので、ちょうど良い運動になりました。お正月太りが少しは解消できたかな?

グランドニッコー東京台場のロビー

グランドニッコー東京台場のお正月

グランドニッコー東京台場のロビー

グランドニッコー東京台場に宿泊したのは1月2日。華やかなお正月飾りで彩られたホテルはおめでたい雰囲気が溢れ、そこにいるだけで幸せな気分になりました。

グランドニッコー東京台場エントランスの門松

とはいえ、獅子舞や餅つきなどのお正月イベントは1月1日のみです。でも、私たちはホテルでのんびり過ごすのが目的なので、お正月プランに特別なこだわりは持っていませんでした。もし空室があったとしても、高額な1月1日を避けて予約していたでしょう。

グランドニッコー東京台場のお正月

お正月ムード溢れる華やかなホテル!ホテルのエントランスに飾られたりっぱな門松やしめ縄飾りを見ているだけで、運気が上がりそうな気がしました。また、初日の出とはいきませんでしたが、ホテルから綺麗な日の出も見えたので大満足です。

グランドニッコー東京台場の迎春

お正月に家族みんなでホテルに宿泊するメリットは、同じ時間を長く共有できることですね。日頃はなかなか会えない孫とたくさん遊べてよかったです。また来年もちょっと奮発して、ホテルで楽しいお正月を過ごそうと思っています。

グランドニッコー東京台場

グランドニッコー東京台場の基本情報

レインボーブリッジの夜景

グランドニッコー東京台場


グランドニッコー東京 台場

住所:東京都港区台場2-6-1
電話:03-5500-6711
アクセス
電車
・東京臨海新交通「ゆりかもめ」台場駅直結
・東京臨海高速鉄道東京テレポート駅下車徒歩10分

・首都高速道路湾岸線臨海副都心ランプより約1分
・有明ランプより約4分/台場線台場ランプより約3分
公式サイト:http://www.grandpacific.jp/

↓「グランドニッコー東京 台場」の口コミ情報
グランドニッコー東京 台場

まとめ

グランドニッコー東京台場は、赤ちゃん連れにも居心地の良いホテルでした。お正月のホテルってどこも高そうと思っていましたが、大晦日と元日を外せば意外とリーズナブルに宿泊できるのですね。華やかに演出されたホテルで過ごすお正月はちょっと贅沢ですが、子供料金がかからない今のうちに色々体験したいなと思いました。ちょっとリッチな3世代お正月旅行、おすすめです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました