長崎ランタンフェスティバル旅行記 見どころは極彩色の中国提灯とオブジェ!

長崎ランタンフェスティバル 新地中華街 旅行

長崎ランタンフェスティバルを見るために東京から2泊3日で長崎観光旅行に行ってきました。ランタン祭りの会場「浜の町アーケード」にある「ホテルフォルツァ長崎」に宿泊したので極彩色のランタンが目の前に!夜の点灯時間ギリギリまで楽しむことができ華やかなイベントを満喫しました。今回は長崎の一大風物詩「長崎ランタンフェスティバル」の見どころをお伝えします。

※次回の長崎ランタンフェスティバルの開催期間は、2024年2月10日(土)~2月24日(土)の予定だそうです。3連休もあるので早めに予定しておくといいかもしれません。

スポンサーリンク

長崎ランタンフェスティバル2023

長崎ランタンフェスティバル 中央公園

長崎ランタンフェスティバルを楽しむために、東京から2泊3日で長崎に行ってきました。今年は3年ぶりに、1月22日から2月5日までの15日間、長崎ランタンフェスティバルが開催されました。

長崎ランタンフェスティバルの見どころ

長崎ランタンフェスティバル アーケード

長崎ランタンフェスティバルの見どころは、約15,000個もの極彩色のランタンとオブジェ!無数の光が街を美しく彩る幻想的なお祭りは中国の旧正月を祝う行事「春節祭」が起源です。

中華圏では旧正月後に初めて満月となる日を「元宵節(げんしょうせつ)」と呼び、この日は日本の小正月にあたります。「元宵節」では天の精霊が空を飛ぶ姿を見ることができると言われており、その日の夜に雲や霧が出ていても精霊を見つけやすいようにと、ランタンを灯して町を練り歩くようになったそうです。

長崎ランタンフェスティバルの会場は、新地中華街、湊公園、中央公園、銅座川、中島川公園、浜の町アーケード(浜んまち)、唐人屋敷、孔子廟など長崎の観光名所も多く、各会場を巡りながら市内観光が楽しめます。

中国ランタンとオブジェ

長崎ランタンフェスティバル 中央公園

長崎ランタンフェスティバルの見どころは極彩色のランタンとオブジェ。期間中は、長崎新地中華街をはじめ、浜の町アーケード、観光通りなど市内各所に約15,000個ものランタン(中国提灯)やオブジェなどが飾られ、長崎の街は幻想的な世界に一変します。

華やかに街を彩るランタンはそれぞれ限定カラーがあり、新地中華街が深紅、眼鏡橋周辺が黄色、銅座川が桃色・・・と会場ごとに異なります。

長崎ランタンフェスティバル 眼鏡橋

私たちは午後2時頃ホテルに到着したので、1日目は浜の町アーケードを中心に、中央公園や中島川公園を巡り、夜のランタンフェスティバルを楽しみました。2日目は新地中華街、湊公園、唐人屋敷などを訪れ、昼と夜でガラリと変わるお祭りの様子を満喫しました。

長崎ランタンフェスティバル オブジェ

宿泊した「ホテルフォルツァ長崎」は、長崎ランタンフェスティバルの会場の1つ「浜の町アーケード」のど真ん中だったのでどこに行くにも便利でした。

長崎ランタンフェスティバルの会場

長崎ランタンフェスティバルの様子を会場別にご紹介します。新地中華街、湊公園、中央公園、銅座川、中島川公園、浜の町アーケード(浜んまち)など、それぞれ見どころ満載です。

新地中華街

長崎ランタンフェスティバル 新地中華街

長崎ランタンフェスティバル会場の新地中華街は深紅のランタン一色の華やかなエリア!賑やかな通りを歩いていると、まるで異国に迷い込んだみたいです。

長崎ランタンフェスティバル 新地中華街

新地中華街の入口には、新年を祝うオブジェが飾られています。

長崎ランタンフェスティバル 新地中華街

「春節」は旧暦の1月1日で、中国にとってもっとも重要な祝日だそうです。「福」の字が逆さまになっている中国ランタン(中国提灯)を見ているだけでおめでたい気持ちになり、「今年は絶対いい年になる!」と確信しました。

湊公園

長崎ランタンフェスティバル 湊公園

長崎ランタンフェスティバルの会場 「湊公園」はメインオブジェをはじめ、色鮮やかなオブジェがたくさん飾られています。

長崎ランタンフェスティバル 湊公園

湊公園にあるメインオブジェは、中国の七夕をモチーフにした「牛郎織女(ぎゅうろうしょくじょ)」。高さ10メートル、幅4.5メートルの巨大なオブジェは迫力満点です。

長崎ランタンフェスティバル 湊公園

会場には、おめでたいモチーフのオブジェがいっぱい!

長崎ランタンフェスティバル 湊公園

華やかな竜宮城のオブジェはおとぎ話の世界そのもの!

長崎ランタンフェスティバル 湊公園

長崎ランタンフェスティバル 湊公園

中には、ちょっと怖いオブジェもあります^^

長崎ランタンフェスティバル 湊公園

「富貴吉祥(ふうききっしょう)」は縁起の良い四文字熟語!財があり地位も高く幸運に恵まれるという意味があるそうです。

長崎ランタンフェスティバル 湊公園

長崎ランタンフェスティバル 湊公園

勇壮な龍のオブジェ!

長崎ランタンフェスティバル 湊公園

中央公園

長崎ランタンフェスティバル 中央公園

長崎ランタンフェスティバル会場の中央公園には動物のオブジェがたくさん飾られています。新地中華街から歩いていけますよ。

長崎ランタンフェスティバル オブジェ

極彩色のオブジェは圧巻!

長崎ランタンフェスティバル 中央公園

長崎ランタンフェスティバル 中央公園

長崎ランタンフェスティバル 中央公園

長崎ランタンフェスティバル 中央公園

中央公園の会場には多くの飲食店があり、色鮮やかなランタンが灯るイートインスペースが用意されています。

長崎ランタンフェスティバル 中央公園

スポンサーリンク

長崎ランタンフェスティバル 中央公園

長崎ランタンフェスティバル 中央公園

中央公園の会場には多くの飲食店があり、色鮮やかなランタンが灯るイートインスペースが用意されています。

銅座

長崎ランタンフェスティバル 銅座川

長崎ランタンフェスティバル会場の銅座は、新地中華街の北門の前を流れる銅座川を中心に桃色のランタンがたくさん飾られています。ピンク色のランタンは果物の桃みたいにキュートで、絶好のフォトスポットになっています。

長崎ランタンフェスティバル 銅座

可愛い金魚のオブジェは砂糖菓子みたい!灯りがともる夜の風景はもちろん素敵ですが、色鮮やかなオブジェは青空にも映えて綺麗です。

浜の町アーケード

長崎ランタンフェスティバル アーケード

長崎ランタンフェスティバル会場の浜の町アーケードは、「浜んまち」という愛称で親しまれている長崎一の繁華街。アーケードの天井は鮮やかな赤色のランタンで埋め尽くされ、通りには様々な吉祥オブジェが飾られています。

長崎ランタンフェスティバル アーケード

浜の町アーケードの長い通りを埋め尽くす赤いランタン。

長崎ランタンフェスティバル アーケード

華やかな通りを歩いているだけでワクワク♪

長崎ランタンフェスティバル アーケード

「熱烈歓迎」の文字は旅行者ならずとも嬉しい気分になりますよね。

長崎ランタンフェスティバル アーケード

浜の町アーケードには中国の縁結びの神様「月下老人」のオブジェも登場!

長崎ランタンフェスティバル オブジェ

可愛いオブジェがたくさん飾られているベルナード観光通りは、フォトスポットにも最適です。

長崎ランタンフェスティバル オブジェ

長崎ランタンフェスティバル オブジェ

長崎ランタンフェスティバル オブジェ

長崎ランタンフェスティバル オブジェ

長崎ランタンフェスティバル アーケード

長崎ランタンフェスティバル アーケード

中島川公園

長崎ランタンフェスティバル 中島川公園

長崎ランタンフェスティバル会場の中島川公園には、長崎の人気観光スポット「眼鏡橋(めがねばし)」があります。川沿いをゆっくり散策しながら、色鮮やかなオブジェを鑑賞することができます。

長崎ランタンフェスティバル 中島川公園

虎のオブジェは迫力満点!

長崎ランタンフェスティバル 中島川公園

長崎ランタンフェスティバル 中島川公園

眼鏡橋のたもとには坂本龍馬とお龍のオブジェもあります。腕組みをする龍馬に月琴を奏でるお龍が寄り添っています。凛々しい龍馬のポーズで写真を撮る人たちも!

長崎ランタンフェスティバル 中島川公園

長崎ランタンフェスティバル 中島川公園

長崎ランタンフェスティバル 中島川公園

眼鏡橋

長崎ランタンフェスティバル 眼鏡橋

長崎ランタンフェスティバル会場の1つである中島川に架かる眼鏡橋は日本最古のアーチ型石橋で、国指定の重要文化財です。水面に映る黄色いランタンと川に浮かぶオブジェが幻想的で美しい世界を創り出しています。

長崎ランタンフェスティバル 眼鏡橋

眼鏡橋の名前は、橋と川面に映り込む姿を合わせるとメガネに見えることが由来です。

長崎ランタンフェスティバル 眼鏡橋

中島川の水面に浮かぶ水鳥や魚のオブジェに癒されます。

長崎ランタンフェスティバル 中島川公園

長崎ランタンフェスティバル 眼鏡橋

新地中華街の深紅、眼鏡橋の黄色、銅座の桃色など限定カラーのランタンが光り輝く風景はまさにフォトジェニックな世界!異国情緒あふれる長崎の街に酔いしれました。

最後に

冬の長崎を彩る「長崎ランタンフェスティバル」が3年ぶりに開かれるということで、2泊3日で長崎旅行を楽しんできました。極彩色に彩られたエキゾチックな街並みはまるで異国に迷い込んだような不思議な雰囲気。赤、黄色、ピンクと限定カラーのランタンで彩られた各会場はどれも個性的で見応えがありました。冬の旅は寒さでおっくうになりがちでしたが、福を呼び込む(!)おめでたいお祭りを体験したら何度もリピートしたくなりました。

関連記事:長崎ランタンフェスティバル会場近くのホテル「フォルツァ長崎」宿泊記

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました